どうだってよくない

KinKi派です。

『ファンタスティポ』とはなんだったのか

 

 

一回更新できると調子にのって更新します。映画の感想中心に書いてますがその他考えたことなども。

白状すると、映画観たの2月です。メモの日付も2月です。

プライベートを充実させる金と時間と気力ください♡♡♡♡♡♡

 

 

掲題の件、さっさと入ります。

以下ネタバレあっても自己責任で!

 

 

 

 

 

 

 

 『ファンタスティポ

 2005年公開。監督は薮内省吾さん。

 

・ひとことで言うならメチャクチャに不思議な映画。
普通に観ても「んん?」ってなるので、〇〇が出てるから♡ってだけで観ると「なんだこれ…?」間違いなしなので気をつけてね!!

いやでもそれにしても曲の『ファンタスティポ』の知名度や親しみやすさと雰囲気ちがくね…?意外に重いよ…?

 

・不思議な雰囲気は天然なのかわざとなのか

始めの方のトラジがテーブルいっぱいに動物並べてるシーンを観て、アッこれはジブリみたいに暗喩隠喩があるタイプなのかな?と思ったんですけど、それにしては暗喩隠喩の取っかかりみたいなものが掴めなくて。

映画の本筋的にはおそらく言いたいことやテーマに沿ってストーリーが進んでるんだと思うんですよ、けどそれをなかなか明確にしてくれないというか、突拍子のない映像はそれを曖昧にするためなのか、・・・

結論:よくわからない。

ちなみに:死んだオカンとマシュウコの重ね合わせ、トムがなぜトラジに懐かないのか、調べなきゃ理解できない頭の残念さです。

 

・マシュウコ

女の人の話が大好き💃 (嵐がメンバーを褒めるあのコーナー風で) 

マシュウコは『僕らの勇気 未満都市』でいう

ユーリたんかわいいいいいいいいい!!!!!!!!!

みたいにはならないけど笑、あの濃いメンツの中でもひけをとらない存在感があり、なおかつ綺麗めなヒロインでかなり新鮮。今にもどっかいっちゃいそうで、一回離れていったらもう二度と掴めなさそうな。良さですよね…。(男目線か)

なんていうか、、(あのビジュアルの) つよさん演じるハイジが惹かれる女性として、説得力がものすごい。

こういう説得力大事にしてこ、、

 

・時系列

曲を作って「あの時の僕らは…」って振り返る時系列になってますが、混乱させるどころか本筋の話がわかりやすくなる感じで助かる。正直差込み感はあるけど笑
混沌の中にひとつはっきりした時系列が提示されるとこんなに安心するんだ…ということを発見できた。

 

トラジ・ハイジの立ち位置

観るまではふたりの扱い方や立ち位置みたいなのはとーーーーーーーぜん平等だと思ってたんですよ。
でも宝田明さん演じる、鯉之堀金太郎オトンとの関係性、人物の心情の掘り下げ方、そもそもあの暗い中を落ちていくシーンなどなどから「あ〜これはつよさんがメインなのかな」と感じてしまった… ※あくまでー個人の感想です
《ダブル主演》の定義とはなんぞ…?単純に同じ事務所で国分さんのが年上、先輩なのにこれは国分さんに失礼というか…スケジュールその他の都合で、とかやむを得ない理由があるならそうだったんだね、で終わるんですけどそうじゃない場合はあまりに露骨なのでは…。

エンタメってそういうものなのかもしれない、でも結局こういうところにすごくモヤモヤするんだよね、、、その恩恵を受けまくってるからこそ好きな人 (広い意味で) が出る映画を観れるんだからありがたがらなきゃいけないんだけど、、、そういう理屈じゃないよね

 

 

・最後に

TOKIO国文太一さん・KinKi Kids堂本剛さんっていうわりとパワーコードなふたりでユニットをやる、曲を一般認知させる、映画もやるっていう蓋を開けたらこれだった、ってけっこうすごい。

メインのターゲット層である(と思われる) 女子供にも易しいテーマなんかいっぱいあるはずじゃん。安易なラブストーリーやお涙頂戴にはしねえよ?って余裕さえ感じる。

もうなんかいろいろとさすがジャニーズ様…

 

いろいろ書きましたが、最近の少女漫画実写化青春映画に微塵の興味もわかない自分といたしましてはこういう一見よくわからない題材で大物をガンガン出しちゃう感じの映画は大好きなのでもっと観たいです。

 

 

 

 

未満都市SPについて思うこと&勝手な内容予想

 

LOVE LOVE あいしてる』も復活まじか。シノハラかわいいよたくろーかわいいよ。情報多過で全然ついていけてない。これ祭りのあと一体みんななにがどうなるんだなにも…ないよね…?やたらな過剰摂取こえーよ…笑

 

 

本題入りまーす。

2017.5.14.未満都市ショックから時間が経って思うこと。

 

 

真面目なことをいくつか

・20年後の幕原に約束したわけでもないのにユーリ追悼のために集まっちゃう展開

大いにあると思いますみんなあの人口衛星?の欠けら持ってきたりとか。

 

・20年後の設定は

ヤマトは医者自衛隊的な人命助ける系または人を引っ張るリーダー的なものになってそう。あとは先生とか。タケルは歌手?はさすがに安易すぎ?エンタメ業界の裏方とか?タケルの学校の先生もありだと思います。。。タケルの先生すごいありだわ最高 (いきなりなに) 

そんな期待を裏切ってみんな似たようなほんとうに普通〜〜〜で「おれたちあの時はあんなにああだったけどやっぱり幕原とはなにも関係のない他の人と同じように生きてくんだよな」的な説教をしてくれるのもありだよ。未満都市は徹底してシビアな現実がバリバリであってほしい

話変わるけど外に出た後の孤児院?でご飯食べないちっちゃい子たちに「お前ら食えよ」的なの言う人がその後どうなったかすごい気になる。。。

・つよ氏

タケルってその年齢のわりに現実的なところと年頃の男の子らしさ、意外と繊細で気遣いのバランスが絶妙だった記憶なんですが。タケルがどうなるのかより今のつよさんがどう演じてくるかがすごい楽しみ。あとタケルの食べ物関連の表現が好きなのでそれがあるかどうか。あってほしいな…

 

KinKi Kids<<<<<<松潤相葉さん の可能性

蓋開けてみたらモリとアキラメインのスピンオフドラマだったりしてね笑 個人的には別に良いんですよそれでも。ベストアーティストもそうだけど嵐のふたりを絡ませて話題性あげてる感じ。

 

KinKi Kidsの近況や未発表の部分がドラマの設定や展開に反映される可能性

あると思います

 

・主題歌問題

『愛されるより愛したい』?そうだとしたら再録するのか?もしくは新曲?

この話題はアツい (確信) 

 

 ・たぶんこれでこの先KinKi Kidsの2人がドラマで共演なんてもうないだろうな

今回もボーナスタイムみたいなものだと思うので贅沢は敵ですが。そもそも個人でもあまりドラマには出なくなってしまったし、テレビ局や事務所との兼ね合い、他のお仕事の都合、個人の考えなどいろいろあるとは思うけど。年齢的にも、あの人らが全然歳とってるように見えないせいでつい若い子たちにやるようなセット売りを期待してしまうけど意外にちゃんとお年を重ねていらっしゃるから現実アッ…

あとは他のグループさんもメンバー何人かでドラマがもっとできればいいのにね、と思った

 

・「これがSPドラマできるなら他のドラマもできるはずでしょ!」みたいなファンの主張

(KinKi Kidsや他のジャニーズタレントさんが出演した) 他のドラマも復活して欲しい‼︎ みたいな意見をいくつか見かけたので。

正直、今回のスペシャルドラマはめっっっっっっっっちゃくちゃ嬉しい。

でもこれおそらく大人の事情が大盛りのものすごい例外であって、いくら「出演した人が芸能界引退してるから」といったって絶対売れるに決まってるのに20年間Blu-rayどころかDVDの販売さえもなかったんですよ…?双方に言い方悪いけども、ワケありの匂いプンプンのドラマとかわいい自担の安心安全ドラマを一緒にして考えるのどうなのとわたしは思う。比較するには状況違いすぎる。

 

・このブログ誰ぞ大人に見られてないよな???????なぁ??????

自意識過剰かもしれないけどそう思うことがたまにあるので個人的にこれが実現したら泣いて喜びますっていうのを言っておきますと

・KinKiさんx堂島さんで春曲シングル

・KinKiさんx吉田健さんでシングル

・アルバムリード曲 (Mアルバムでいうspeak low的な) + KinKi名義個人ソロx2曲、合計3曲で歌番組出演

 

ことごとく音楽関係。笑

さすがに最後のは無理めですかね。。。

残念な頭なのでどの番組がどのキー局とか全然わからないんですけど中居さんが司会だったらさらに最高。

 

 

 

ここからバカみたいに正直な本音なので読みたい人だけどうぞ

 

 

 

 

 

 

光一さんんんんんんんんんんんんこれが最後でいいから髪伸ばしてえええええええええええええええええええ前髪流してえええええええええええええええ一生のお願い!!!!!!!!!


ハイ激気持ち悪!!!!!!!


伏線回収情報によると髪伸ばしてたのはつよっさんというね。いやつよさんのロン毛好きだよ????特に最近はなんっとなく昔の面影あって…いいよね…(感極って泣いてる)
つよっさんがあの少しいたずらっぽい優しいお顔の力技で全部もってくの楽しみにしてる…

#わかる #プラトニック #青年 #summer snowも #や剛N1 

 

・光一氏のお衣装問題

光一さんにどういう服を着せてくるか。もう期待しかないですよね。。。個人的には外に出てから着てたネイティブ柄のセーター?みたいなのがずっと頭から離れないんですけど笑 責任取ってください笑

 

 

 

僕らの勇気 未満都市 スペシャルドラマやるってよ

 

kinkiさん未満都市ドラマspまじかあああああああああああああああああああああああああああああああああ( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )

 

横浜港ってまじか職場だよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(広い意味で)

 

 

 

 

あーもうだめだ。kinkiさんたちほんと最強に最高の2、ジャニーさんは神って普段から散っっっっっっっっっっっっっっっっっっ々わかってる事実のつもりでもこんな軽々しく更新してくるのずるいわテレビないけど

だれかくれor一緒に観さしてください

 

 

 

 

『KinKi Kidsの曲を語る』記事一覧(随時追加)

 

随時追加です

 

 

 

 

※ジェロマについて熱く書いてますが引かないでください

byenana51.hatenablog.com

 

byenana51.hatenablog.com

 

  •  愛のかたまり・恋涙

byenana51.hatenablog.com

 

  • Aアルバム

byenana51.hatenablog.com

 

  • Bアルバム

なによりもまずジャケ写が好み過ぎて!!!

 

※編集中

 

  • MY WISH・Slowly 

byenana51.hatenablog.com

 

 

 

  • ボクの背中には羽がある

 

 

 

KinKi Kidsの『ボクの背中には羽根がある』を語る

 
ボクの背中には羽がある(詞:松本隆 曲:織田哲郎 編:家原正樹
 
松本隆さんと織田哲郎さん。
はい神。疑う余地なく神。
個人的に織田哲郎さんはどうしてもAKB48の『君のことが好きだから』とか『走れ!ペンギン』の印象が強いんですけど守備範囲&振り幅広すぎじゃないですか…?
 
KinKi Kidsの曲を聴き始めたのはいいものの、ジェロマと硝子の少年ばかり聴いてた頃 "君を抱いて空も飛べる 嘘じゃないよ" っていうフレーズが耳に残るようになり、聴くようになりました。
 
 
君を抱いて空も飛べる    
(ハハw)
嘘じゃないよ
(まじか \キュン/)
 
基本ちょろいです。ご査収下さい。
 
 
そんな感じでKinKi Kidsをほんの数曲しか知らないうちにも(これが一番でしょ?そうでしょ?)って本気で確信してた。というか これ以上があったらたまらない勘弁してくれみたいな。笑
 
今の方がきんきさんの曲をいっぱい知ってるしこの曲もメチャクチャ聴いてるはずなのに、流れたときの前奏の雰囲気にのまれるというか…。そのくらい独特な存在感がある。緊張感。重圧感。そんな気がする。
 
なんとなく前奏からもう淋しい。近くにいるのにそばにいる気がしない。頬を寄せて確かめる。現実を生きてるはずなのにどこか一歩引いて見ている感じもある。
反対にサビのヤケになってるとしか感。笑 前しか向かない振り向かない後戻りしないできない…みたいな。曲のタイトルである "ボクの背中には羽がある" だけ別物感あって正直混乱する。ていうか「ほんとにずっと生きていくんですよね…?」って思う。
 
こういうとき判断材料に欠かせないのがPVなんですが。。。カラオケの本人映像かな?で観たことあるけどなんか怖くて、その後みてない。鉄塔に白の衣装(シャツ?)、つよっさんの黒髪がほんとに黒髪!!だったことしか覚えてない。ビビりで申し訳ないんだけどああいう雰囲気のときのつよっさんは直視できない、特に瞳が。この機会にPV集お願いします買います(ドサクサ)
 
 
少し話変わりますが『Hermony of December』を聴いてると "君を抱いて 羽ばたいて 永遠よりも彼方へ" の部分でこの曲を思い出すことがあります。反対にボクの背中には羽があるを聴いててハモデの何かを思い出すことはないです。
 
 
ここまで書いたことは自力で考えたことなんですが、この曲ったら全然わからなかったので以前ネットをさまよったことがあります。
そしたら「奥さんと死に別れた男(ボク)、その奥さんとの子ども(君)とのことを歌った曲」というのがあってストーーーーーーーンときた。
 
そうすると "好きだなんて声に出したら この空気がひび割れるかも" が「?」になるんですが逆にそれ以外のところがすんなり「あー…」ってなるんですよね、、、
審議のほどはわかるはずないので別にしてもとても感動してかなりその解釈で聴くようになってしまいました…。
 
 
そういう豊かな発想できるのほんと羨ましい…。ただどこで見たかまでは覚えてないので「それワシが書いたやつやーん!」と心当たりのある方はお手数ですが一報ください。リンク貼らしてください🙇🏻
 
 
 
 
 

KinKi Kidsの『Harmony of December』を語る

 

Harmony of December(詞・曲:マシコタツロウ 編:ha-j)

 

Φコンのエピソードにはぶったまげた。え、創作?とさえ思ってしまった…。いちシングルのはずなのにカラオケのランキングとかで割と上位なのはそういうことか…と。目立たないけど光一さんが39アルバムで選んでてしかも一番最後においてるのがなんとなく笑える。

 

というかちょっと待ってwiki

初回盤と通常盤ではジャケット違い、収録曲違いがある。初回盤のCDジャケットは、堂本剛がプロデュースしている。このジャケットを制作する際に、剛が「ただ2人が写っているのではなく、しっかりとしたメッセージを込めたかった。」とコメントしている(略)
  • 剛が込めたかったメッセージの内容は、以下の通り。
  • シチュエーション(背景)が宇宙なのは、「この広い宇宙の中で会い、同じものを共有できている重大さを表現するため。」
  • そんな宇宙でメンバーの二人が食事をしているのは、「本当に気の知れた仲でないと、一緒に食事をしたくは無いから。」
  • 時計が10時直前を指しているのは、「KinKi Kidsが、レコードデビュー10周年直前だから。」

これ大丈夫?笑 ファンの方も当然ながらこれ知ってるんでしょ?変態なの?(言っちゃった)

 

パートの振り分け最高(いつも言ってる気がする)。 光一さんの〽君の願い事が叶うように僕は そっと守って行くんだ とか、つよしさんの〽今夜は雪が降りそうだね とか特に好き。訴えてくるものをちゃんと感じる曲。

曲も歌詞もロマンティックで幻想的だけど、みんなロマンティック手前のとこまでしかやってないというかコンサートのエピソードなんて抜きにしてもこれを本当の意味でロマンティックにしている戦犯は堂本光一さんと堂本剛さんだと思います(まがお)

 

φコンのこと書くの恥ずかしくてあれなんですけど笑、 "そばにおいで 君がいるならただそれだけで" のところでつよさんが光一さんの顏?か首くらいから手でなでてきて胸のあたりで優しく何回かたたいて離す、というのこれ何気ない動作だけど深いのでは???と思った。

振った振られたの曲じゃないし別にそのまま手を置いておくこともできるわけじゃないですか。あえて離すところにつよさんがなにか感じることがあるのかな…それとも深い意味はないのかな…

被害妄想ですね。やめます。はい。気持ち悪いです。知ってます。

今年の冬はよく聴いたな。ジェロマよりも雨メロよりも聴いたかもしれない。たぶん恋涙がいい勝負🙄笑

 

 

 

 

 

 

『ぼくらの勇気 未満都市』感想

 

わたしが好きな1990年後半のきんきさんたちが(画質は良くなかろうと)残ってることに感謝。

神様ありがとう…🙏🏻🙏🏻🙏🏻

ネタバレもあると思いますので自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

なんで堂本光一さんてこういう役似合うんだろね…?なんで…?青臭い言動を「青春一直線」とか言われながらもみんなのリーダーになっていくとか自分のことは無欲なとことか光一さん自身と重ね合わせて観ちゃうやつじゃないですか…
堂本剛さんに関しては「…素??」って思っちゃうくらいだしなんなのあの人???何者???笑 現実的でどこか冷めてる感じもやけにリアリティある。
歌うシーンはつよっさんんんん〜〜〜〜〜!!!!!って感じだけど(どんな)

 

 

好きなシーン


光一さん(ヤマト)
・第3章のキイチとの体育館でのシーン
あの変な柄のバンダナ巻いててアップめで伏せ目からの顔を向けてくる表情が、特に眼が好きで好きで(細かい)、スクショ撮るんだけど一瞬だから1枚くらいしかこれ!というのがない。でも好き

・貴一の薬を買いに外へ出る回。第5章かな。ほんっとーーーーーーーーーーーーに、ありがとうございます!!!!!
なんていうかドラマ冒頭の自転車のシーンから(白似合うのは重々知ってるけどいくらなんでももっとマシな服あるだろ、、、、車の修理も良いよ、いいけどさ、、なんか違う、、、)ってフラストレーションが溜まりに溜まってたところにあの緑の防護服?を着た光一さんが髪型共々最高すぎて

「これ!!!!これだよ!!!!!これ!!!!!!!」

って本気で思った(気持ち悪くてすみません)
他には、レンジさんのミリタリーコートをタケルでなくヤマトが着てるってのが自分的にポイント高い。

・第6章 酷い歌でギターを弾いて「これがGでこれがAマイナー?セブンだろ?」っていうシーンが素ぽくて(小声)いい。


つよしさん(ヤマト)
ユーリの表情や視線の先を覗き見してるみたいなシーンは大体好きです。実際やってそうな感じもたまらない。はあリアリティラブ。もっとやってくれ
・臨時政府第一回の会議のシーン。第7章。アキラに「ハイ決定」って押し切られちゃうのとか、未満都市の名前を決めてるときの「族ちゃうねんから」とかのツッコミがいちいち好き。
お好み焼きとかおにぎりとか牛丼とかの食べ物を想像する説明がいちいち上手すぎる。

・ヤマトと二人で船?の下で「おれの前ではカッコつけんでいいから」っていうのがずるい。ずるすぎる
・「自分はたまたま一緒に行動してるだけやけど」みたいなセリフが吐かれるたびに刺さる。ヤマトとの関係性がまだ曖昧な頃だけじゃなくてそれなりに話が進んでもずっと言ってるからね。キイチとヤマト、ユーリとヤマト にいちいち気遣ったり。外に出て図書館と植物園に分かれるとこでさえもだから…!ただ、ヤマトはそういうとこも含めてタケルのこと評価してるっていうのもあるな。たぶん

・第9章、セリフはそこまでたくさんなかった気がするけど病院のシーンとか声の圧とか表情が鋭くてかっこよかった。

 


『愛されるより愛したい』について


・"rescue me" "show me now"のコーラスとか "扉の向こうに光る空はあるの" とかとても関連して作られてたんだなって(今さら)。仮タイトルが『EXIT』だったのも納得。

・「愛されるより愛したい」っていうのはもちろん言葉通りの意味もあるだろうけど「受動」(愛される) だけではなく「能動」(愛したい) に生きたい、行動したいという意味なのかなぁと思った。これも今さらだったらすみません。

 

勇気

ユーリがヤマトに言った「勇気をありがとう」、うまく言い表せないけど感動した。「勇気」ってドラマとあまり噛み合ってないように思ってたけど、最終回の『最後の勇気』っていう副題やセリフ中での使い方?が良いなって。やらしい押し付けぽさも感じなかった。キャッチコピーの「ぜんぶ、なくなった。 みんな、きがついた。 やっと、きがついた。」とかもだけどワードセンスが全体的に好き。


「20年後にまた会おう」 


よくあるありきたりな言葉だけど、いくら苦しいときを一緒に乗り越えてこうやって言い合っても、実際にはそんな長い間を開けて再び会うなんてことはない(確率は低い)んだと自分は知ってるのが少し悲しかった。けど、ヤマトとタケルにはなんだかんだ自転車とかですれ違ったりして「よぉ」「おお」とかやってて欲しい…

こないだのベストアーティストは良かったねほんとに…。このドラマから実際に20年?!??!?と気づいたときのいろんな衝撃っぷりが半端ない。あとこのドラマは嵐のメンバーの位置付け的な見方が変わる笑

 

 

その他キャラクター

 

スズコ
なんだかんだいちばん消化しにくいスズコ。このドラマだけに限らず主要人物の関係性不明の恋人幼なじみポジションはなんなの?流行ってたの…?
ヤマトが外に出た時「思わず電話しちゃったけどなにも言えない…」みたいなエピソードなんて普通は超盛り上がるはずなのに急降下したわ、、、、クリスマスの思い出なんかこっちも聞きたくない(本気かw)

矢田亜希子さんて『恋ノチカラ』の印象が強いんだけど光一さんつよさんと同世代なんですか…?時空歪んでません…?


ユーリ
はいかわいい。

宝生舞さん。声が好き。バンダナ取って前髪あるときが特にかわいい。でもバンダナもすごく似合う。個人的にはヤマトとのツーショよりタケルとの方がしっくりくる。

第8章でユーリの「そばにいてやれって言われたんだろ?タケルに」に対してヤマトの「言われなくたっているさ。おれはお前の親友だからな。一生忘れることなんかできない…親友なんだ」がもう、うあああああああああああああって感じで、ああもう…

疑問:あと1日早かったらユーリが助かってた、っていうのに違和感あるんだけど、助かってた…?

 

 

最後にこれだけ


外に出たあとのヤマトの…服…

あと髪の毛サラサラすぎ小綺麗すぎて光一さんとしてはオッケーだけどヤマトとしてはちょっと違和感。光一さんとしてはオッケー。

まだいろいろあるけどとりあえずこのへんで。また追記するかもしれません〜。