どうだってよくない

KinKi派です。

KinKi Kidsの『雨のMelody』『Kissからはじまるミステリー』を語る

 

KinKi Kidsの曲を語ります。あくまでも個人的意見なので軽い気持ちで読んで頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

 

雨のMelody(詞:康珍化  曲:武藤敏史、糸井秀陽  編:有賀哲雄)

①前奏が印象的

②すぐわかる良曲(スルメ曲じゃない)

③覚えやすい

と条件がそろった曲。

・前奏を聴きたくなる。雨メロからきんきさんを聴き始めること多し。きんきさんを聴きたいのか雨メロを聴きたいのかどっちなんだ!!!と言われたら、雨メロ…(小声)「好きな曲」はいくつかあっても、「聴き始めに選ぶ曲」というのは何曲もない。

・DVDでみたコンサートの時の歓声がすごい。その場にいたら自分だって絶対「うおーーーーーーー!!!!!!!!」って言うに決まってる。

・『99%LIBERTY』と同じで、役割がはっきりしているというか、「役割が与えられた曲」だなと思う。

・初めて聴いたときKAT-TUNの曲みたい」って感じたくらいなので、少クラでのKAT-TUNとのコラボは不自然が全くなかった。1周回って逆に不思議感さえある。

2人の声から入る曲が好きです!!!!!『情熱』とかも。"壊したいくらい" が光一さんパートなの良い。光一さんこういう際どいフレーズを歌うのほんとお上手だなーと思う。「かっこいー♡」でおさまる程度のヤらしくならない絶妙な抑揚というか違う意味でやらしいわ!!!!クッソ!!!!!つよさんは隠しきれないお色気様が…

・なんとなく光一さんメインぽさあるんだけどつよっさんのボーカルが随所随所キメどころをキメてるなって思う。光一さんが思いっきり蛇口明けてつよさんがじわりじわり閉める的な(?)

・ちょっと長い…転調あるから…かといって省くとこがみつからないから困る…

・ネタにされようと積極的に光一さんに腕ガバーってパフォーマンスしてもらいたい一曲。 

 

 

 

Kissからはじまるミステリー(詞:松本隆  曲:山下達郎  編:山下達郎

・『KinKi Kidsの曲といえば?』系のトピックで目にすることが多い。女は『愛のかたまり』を推し男は『キスミス』や『フラワー』を推すという偏見。

・最初のラップみたいなのがさりげなく新鮮。こーいちさんちょっと歌走ってない?

・リズムが独特だからか隆松本の手腕なのか、耳に残るフレーズがたくさんある。むしろリズムの独特さが歌詞の狂気を隠してる・打ち消してる説ある。

"僕は夢遊病 さまよう難破船だよ" の破壊力についてはもう言わなくていいですね?? "女の子の心は魔女の振り子さ" も正直意味がわからないんだけど笑、なかなかアレということはわかる。

"キスした後 突然つれないポーズだね" "横断歩道 渡る途中 も一度キスをしようよ" とかすき。ピュアだから(まがお)

 

・某tubeで観たつよっさんの『ひとりじゃない』との2本立ての動画みたいなのが忘れられない。たぶんなにかのアイドル番組で、まずつよっさんが『ひとりじゃない』を1人でかわいく歌った後、光一さん長髪(重要)が!!!かっこよく歩いてきて!!!!一緒にキスミスを歌う!!!!の!!!!!

"君が欲しい" のところの振り返るダンス最高だった…(泣いてる)

・衣装の話 光一さんだけじゃなくつよさんの方もめっちゃ王子っぽくて首元が詰まってて襟は立ってて回る時にフワーってなる水色の衣装で踊るキスミス is 最高‼︎‼︎

 

 

 

 

 

『KinKi Kidsの曲を語る』記事一覧(随時追加) - どうだってよくない