読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAT-TUN田口さん。

ジャニーズ アイドル論
 
タイトル通りです。お久しぶりです。
 
 
ジャニーズに関して、デビューした後に退所したり意味深縦読みを残したと思ったら名前がなくなってるとかの類のことはないと勝手に決めつけていて、だからこそ余計にびっくりしたのかもしれない。語彙が乏しくて情けないんだけど、とにかく衝撃だった。
 
 
感じているのはただただ驚きだけで、特別怒りとか悲しいとか悔しいとかの感情はないんですけど、ジャニーズの求心力というか、ジャニーズ事務所に所属しデビューして活動をして、といった一連の流れを絶対に止めないでいるための、やめようなんて思わないほどの「何か」が弱くなっているのかなと考えてしまった。
 
 
超一般人的な例えでアレだけど、やめたくなったり嫌になっていろいろ違う道を考えてみるけどやっぱ冷静に今いるところにいるのがなんやかんや一番ベターだな、っていうのは誰にでもあると思うんです。大学とか(小声)
わたしなんて企業に内定出てもやっぱ音楽に関わりたいなぁとか海外行きたいなぁなんて思案してたから。ただのアホ。
 
 
一回ちょっとだけ休めばいいのになぁ、そしたらまた元気になるかもしれないのにな。ちょっと前にAKB48島崎遥香さんも休養してたし。
だけど去年の春からずっと田口さんと事務所と話し合いしてたならその間にいくらでも休めただろうし、そういうやっつけ的な段階はとっくに通り越しちゃったんだろうな…。

 
こういう場面でよく耳にする、「本人の意思を尊重して…」とかの言葉が嫌いです。尊重するべきなのはそこじゃないでしょ!?!?「やめる」ことだけしっかり尊重してんじゃねぇ、今回みたいにあんなに大きく状況が変わるくらいのことを尊重できるならほかにもたくさんできることあったはず、そしたらもしかしたら…って思ってしまう。
 
 
とにかく田口さんが発表した時の女の子たちの悲鳴やKAT-TUNのメンバーの言動、つよっさんのあからさまな動揺(たぶんほとんどカメラ見てない)などなどを見て、アイドルだろうがほかのタレントさんだろうが身近な人だろうが誰かを自分の中で特別視しすぎるのは本当にやめよう、これから先もそういうことはしないと心の底から思いました。
 
 
たぶんわたしは男でも女でも「アイドル」が好き。でもそこまでお金を落としていない(ほぼお茶の間)にも関わらず誰かを応援することへの距離感や振り回され感にモヤモヤしていて、きっと向いていないんだろうなと薄々感じてて、それが明瞭になった気がします。